立山ツアー(兼モンブラン対策講座)2018 を開催してきました

7月14-15日(土日)、UTMB対策講座として、立山ツアーを開催してきました。
まずはじめにこのイベントを開催するにあたりまして、ご支援ご協力いただきました皆さまに心より感謝申し上げます。

午後はよく雷雨に見舞われる夏山。この2日間は、7月とは思えない安定した、最高の天気に恵まれました。

立山駅にて8時30分に受付。車で移動し標高1000m弱、称名滝を午前9時にスタート。まずは、大日平まで約600m一気に登ります。ラムサール条約登録の大日平湿原では高原の風に迎えられます。大日平小屋から大日岳へ約800mの登りはポールの使い方の講習や登りのトレーニング方法などの講習を交えながら進みます。

大日岳、中大日岳からは、一度100m標高を下してから200m登り返して奥大日岳山頂。

ここから下り基調。室堂乗越を過ぎ、室堂平へは午後4時頃に室堂山荘に到着。

2日目、まず浄土山へ。ポールにも少し慣れてきた様子の皆さま。一の越に下り、再び登り雄山へは各々のペースでできるだけ心拍数を上げるようにアタック。快晴、立山頂上雄山神社では久々に外でお祓いを受け、今年のシャモニーでの夢の時間が最高のものとなるように。

さあここからがこのイベントのメインディッシュ、3000m稜線タイム。終始青空の中、強い日差しを浴び、暑さ対策の補給や、補強運動についての講習。

実動3時間と少しでスタートから剣御前小屋、雷鳥沢から室堂平へ。ここの石段は高地での心肺機能強化を意識して各々頑張りました。

残雪の天狗平、弥陀ヶ原湿原を抜け八郎坂から称名滝が見えた時は感動しました。

私自身楽しみにしていた立山ツアー。宿泊先の室堂山荘をまさに旅館。お部屋に手ぬぐいと歯ブラシ。立山を目の前に大きなお風呂にゆっくり。夕食でしっかり栄養補給できるこの環境。やっぱり立山はいいですね。

半月もすれば、シャモニーへ旅立ち。この夏も最高の時間を過ごしましょう!

次回は、8月5日(日)に静岡県富士市にてトレイルランナーズカップ静岡を開催いたします。

トレイルランナーズカップ静岡大会詳細はこちら

また7月29日(日)はトレイルランナーズスクール第4回を守門岳で開催
詳細はこちら

フォトアルバム

立山ツアー フォトアルバム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする