Company

会社概要

Company Info

企業情報

屋号
トレイルランナーズ
代表
松永紘明
事業内容
  • トレイルランニングイベント(独自運営・委託運営含)
  • トレイルランニングの講習会・プライベートレッスン
  • 代表者の講演・寄稿等
住所
〒954-0111
新潟県見附市今町3-1-5
電話番号

0258-66-7991

  • 営業のお電話はお控えください。
メールアドレス

info[at]trailrunners.jp

  • [at]を半角の@に変更してください。
  • 特定電子メールの送信を拒否します。
従業員

従業員1名・アルバイト4名

  • 各大会にはボランティアの方に20名以上常に協力していただいています。
開業日
2006年(平成18年)8月
営業時間
平日 9時30分〜17時
休日
土曜、日曜、祝祭日(イベント開催日等を除く)

History

沿革

2006年8月1日
トレイルランニング普及のため事業を開始。
参加者の「人生変わりました」のきっかけ作りをモットーに年間17回の全国各地でのトレイルランニングイベント(後述)を開催する。
2006年〜
代表の松永はプロのトレイルランナーとして活動。現在ゴールドウィンのTHE NORTH FACEなど多数のスポンサー契約を結びトレイルランニングの第一人者として活動。テレビ、雑誌、ラジオ、新聞などで度々取り上げられている。
2006年〜
長岡のアウトドアショップなどでトレイルランニングの講習会とプライベートレッスンを開始。
2009年〜
3歳から参加できる「トレイルランナーズカップ」という3~6キロの初心者向けレースを開始。
2010年〜
新潟市、三条市、長岡市、上越市で市の後援を得ながらトレイルランナーズカップシリーズ戦を開催。各大会の参加者は200名~400名。
2013年〜
トレイルランニングスクールを開始。
また、長岡市の国営越後丘陵公園から依頼を受け、国営公園初のトレイルランニング専用のコースを開拓。
同年11月からFUNトレイルフェスタin国営越後丘陵公園を開始。これをきっかけに長野、仙台、香川の国営公園からレースの依頼があり、FUNトレイルフェスタシリーズ開始となる。
市町村からトレイルラニングを通じて村おこしの依頼も増え、胎内市、胎内市観光協会と「櫛型ウィンドトレイル」、上越市と「くわどり謙信公トレイル」、小国町と「越後カントリートレイル」を開催。越後カントリートレイルは1,000名以上の参加者を集める。
2014年〜
日本海側で一番高いビルの朱鷺メッセでビルを一気に駆け上がる「ビルクライムカップ」を初開催。2018年には新潟日報本社メディアシップ、NEXT21で開催。2~300名が集まる冬のイベントとなる。
2019年
三条市と「MT.AWA SKYRACE」というスカイランニングのワールドシリーズを誘致。世界トップレベルの50名もの海外アスリートが三条市に集合し、話題になる。

Past Events

過去のイベント開催実績

国営公園初のトレイルランニング専用のコースを開拓
スカイランニングのワールドシリーズ「MT.AWA SKYRACE」開催
「ビルクライムカップ」開催