2019MT.AWA SKYRACE開催レポート

English is following.
4月20-21日(土日)、約300名の皆さまをお迎えして新潟県粟ヶ岳の麓、下田郷にて「MT.AWA SKYRACE」を開催しました。大会第一日目は日本初開催Vertical Kilometer® World Circuit、 MT.AWA VERTICAL KILOMETER®。大会第二日目は、Migu Run Skyrunner® World Series 、MT.AWA SKYRACE®を含む、20KM、10KM、3KM。

粟ヶ岳が世界の舞台となった歴史的な週末となりました。これを実現する為に多くの皆さまの協力がありました。実行委員会としてご尽力頂きました地元の皆さま、三条市役所の皆さま、三条市消防局さま、山岳ボランティア従事いただいた皆さま、救護チームの皆さま、さらに協賛各社様、本当にありがとうございます!更に会場をご提供いただきましたいい湯らてい様には心より御礼申し上げます。

天気は、2日間共に、まるで粟ヶ岳を含めた土地の神々に受け入れていただけたかのような、澄んだ空の元、粟ヶ岳がその独立峰の全容を美しく見せてくれました。

大会直前、雪崩研究専門家、天候の専門家との慎重な議論の結果、山頂直下の雪崩リスクが高いことからコース変更。初日は粟ヶ岳8合目をゴール、2日目はジェットコースターのような乱高下が魅力のブナの道を駆け抜け、粟ヶ岳8合目を折り返しとする代替コースとなりました。
VERTICAL 4.7KM、獲得標高1000m
SKYRACE 23KM、獲得標高1600m
粟薬師レース20KM、獲得標高1000m
八木鼻レース10KM、獲得標高400m
棚田レース3KM、獲得標高100m。

初日の開会式では三条市長にご挨拶を頂きました。

2日間を通じ、地元の多くの皆様に会場や沿道で応援を頂きました。初日は地元下田中学校の吹奏楽部、2日目は同中学校による応援歌による熱い応援が選手に送られました。

初日は定刻通り、10:15から1分に5人ずつのウェーブスタート。最初に1.5KMは沿道の応援を受けるウォーミングアップ区間。遺跡公園から計測開始となりました。

2日目は共に定刻通り、SKYRACEは8時、粟薬師レース8時15分、八木鼻レース8時30分、そして棚田レースは9時にそれぞれスタート。

最年少は4歳から70歳の幅広い年齢層の皆さまにご参加いただきました。

コース変更で短くなったものの、世界戦となったVERTICAL、SKYRACE共に選手の皆さまはゴール後口々に、

”雪上区間が楽しかった”
”雪上からの景色が美しかった”
”地元の応援、子どもたちの応援がパワーになった”

という感想を約50名の海外選手から頂きました。

また、

“ずっと来たかった日本はとても美しく、人々は礼儀正しく、ホスピタリティーに溢れていて素晴らしい”

という日本の印象を多く頂きました。

表彰式は世界戦を中心に盛大に行われ、入賞者には賞金、副賞として両手に持ちきれないほどの地元三条市の最上級の品々が送られました。

次回来年は4月下旬開催を予定しております。

https://mtawarace.com/

決定次第ホームページで発表致します。

オリジナルルートでお会いしましょう。

20-21st April, in SHITADA-GO, MT. AWA, MT. AWA RACE was held. Day 1, Vertical Kilometer® World Circuit that the first landed in Japan, MT.AWA VERTICAL KILOMETER®. Day 2, Migu Run Skyrunner® World Series, MT.AWA SKYRACE® including 20KM, 10KM, 3KM.

It’s beautiful historical day for MT.AWA to known to worldwide. Thank-you so much for all to make it happen.

The weather was perfectly peaceful day as if the god of the area including MT.AWA.

Unfortunately the course was changed due to the highly avalanche risk around top of MT.AWA after long discussion with specialist of the weather and the avalanche.

After all, the new course was 4.7KM 1,000m+ for VK and 23KM 1,600m± for SKYRACE. But still the alternative course included snow part and rolling terrain like roller coaster.

In the opening ceremony on Day 1, Mayor gave greeting. Through 2days, local junior high school gave huge cheering.

Even alternative and shorten course but international and national elite athletes said,

“The first 5K was hard but once got mountains, rolling terrain like roller coaster was so much fun. And snow part, especially downhill was so much fun and views on the snow was awesome!”

On top of that, as for Japan,

“Japan is beautiful, people are polite and great hospitality. Want to come back again!”

Prize giving ceremony was held grandly. Handed money prize and lot of gifts from local.

Next year would be held in April next year 2020.

See you next year on original full course.

【リザルト/results 】
https://mtawarace.com/result/result2019

【フォトアルバム/photo album】
準備中

【協賛/sponsor 】
アークランドサカモト㈱、アーネスト㈱、朝日酒造㈱、㈱朝日土建、ATHLETE JOYNT®、ESS、㈱いすゞ製作所、WEST、㈲大高総建、CAPTAIN STAG、共和工業㈱、Creer hair、㈲グリーン造景企画、県央代行、コカ・コーラ、KONA AME、米萬商店、株式会社コロナ、Columbia Montrail、近藤與助工業㈱、㈱サカイ、三宝グループ、JAにいがた南蒲農協、医療法人社団しただ、下田商工会、医療法人積発堂、しまがわら、SHOTZ、鈴喜建設㈱、㈱スノーピーク、
㈱諏訪田製作所、SWANS、ZEN、㈱タダフサ、㈱田村義肢製作所、株式会社たらみ、ChampionSystem、㈱中央製版、徳橋建築板金、中村精工㈱、ナシモト工業㈱、農事組合法人ならやま、新潟アーバンデザイン、新潟ボンド工業、NIFCO SPLC、日本デンカ、New-Hale、パートナーズ、ハーモニック、㈱早川組、ブルボン、BOA TECHNOLOGY、MAGMA、マルソー㈱、マルナオ㈱、㈱マルヨネ、妙高高原ビール、ユニフレーム、㈱吉田組、嵐北産業㈱、Roomeat、若林建設㈲

#mtawa #mtawarace #mtawaverticalkilometer #mtawaskyrace #verticalkilometerworldcirkit #skyrunner #skyrunnerworldseries

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

? ? ?